看護師の転職時の辞め方

看護師が転職をすることは珍しいことではなくなりつつあります。一つの会社に一生勤める人が減るように、看護師もまた職場やその他状況によって自分にとってより良い職場や可能性に向かうことは良いこととも言えます。しかし転職をする上で問題もあります。それが「辞め方」です。看護師として転職先が決まり、その際どうしても前の職場を円満に止める必要がありますが、転職が理解されつつあってもどうしても問題が残ってしまうことも事実です。得に看護師は女社会ですから悪い噂が立つことも考えられ、地域を離れるにせよ、その辺の問題はしっかりと解決する準備をしてから転職に向かうべきです。転職先が決まる前から辞める準備は始まります。就業規則を確認して、退職願は何日前までに出す必要があるのか、どのような手続きを踏む必要があるのかなどを把握しておき、信頼のおける同僚や上司と相談する必要もあります。看護師の仕事上、引き継ぎも重要ですから滞りなく行う必要があります。それは1日や2日で何とかなるものではありませんから1ヶ月前くらいから始めておくことが望ましいです。転職をすること全てがポジティブに捉えられるわけではありませんから、その事をも頭に入れてこちら側からネガティブな転職理由などは話さずにできるだけきれいに去るためにも事前の準備もしっかりと行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です